トップ>その他の活動・雑感・随想録

福沢諭吉コーナー

2016/04/01

日本史上最大の教養人福沢諭吉

日本史上最大の教養人福沢諭吉  
「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」
これは『学問のすゝめ』の冒頭にある有名な言葉です。
その部分だけを見て、「福沢は人間の平等を説いたのだ」と言う人がいます。
しかし、福沢は単純な理想主義者ではありません。
 福沢はその後に「されども」と続けている。
されども、世の中には愚者がたくさんいる。
では、賢者と愚者の違いはどこにあるのか?
それは学問を身につけているかどうかである。
ここで「学問」というのは、ただ難しい字を知り、難しい文章を読むようなものではありません。もっと、現実に即したもの、世の中に対する姿勢といったものです。
きちんとしたものとそうでないものを区別すること。
これは「教養」と呼べるようなものです。
そして、真の教養は真の教養人から学ぶしかありません。
だとしたら、わが国最高峰の教養人福沢諭吉に学ばないという法はない。

≪ 一覧へ戻る