トップ>会長の挨拶

会長の挨拶

ご挨拶

わが国は第二次世界大戦で多くの尊い人命や財産を失い、壊滅的な打撃を受け国家存亡の危機に陥りました。この難局にあたって、日本国民一人ひとりが懸命に復興に取り組んだ結果、世界の奇跡と言われる発展を遂げ国際社会における有数の経済大国としての地歩を築き上げました。
現在我々が享受している豊かな生活の陰には先人達の筆舌に尽くしがたい犠牲があったことを忘れてはなりません。

しかし、残念なことに現在の日本は感謝の気持ちや他人に対する思いやりの心が失われ、自分のことや目先のことしか考えない風潮が目につきます。言い換えると利他や公の心が失われてきているのです。 これでは、将来にわたる日本の繁栄は期待できませんし、決して世界から称賛されることもないでしょう。

私はこの世に生を受けたからには社会のため人のために尽すという「ゆるぎない志」が何よりも大切ではないかと思っています。そのためには、一人ひとりがお互いに教え合い学び合いながら自らを磨き上げていかなければなりません。

会長

半学半教実践塾
会長 細川三郎

この思いをお伝えしたところ多くの方から賛同をいただき、二年前に半学半教実践塾をスタートさせこれまで活動してきました。

本塾は人生経験も豊富でこれまで仕事の面でもそれなりの成果を上げておられる方の集まりですが、決して難しいことを行なうのではなく、今一度原点に立ち戻って、お掃除や挨拶といったごく当たり前のことを主体に実践活動を行なっています。

今回、私達の日々の実践活動の内容を紹介し、これらの活動の輪を広げていくためにホームページを開設することにしました。 どうか、ご関心をお持ちの方には私達の活動に参加していただくと共に忌憚のないご意見、ご要望等をお寄せいただきますようお願い申し上げます。