トップ>その他の活動・雑感・随想録

その他の活動・雑感・随想録

2015/10/23

黄金の30年を送るために (細川三郎)

前回、黄金の30年をいかに生きるかというテーマを取り上げましたが、この実現のためには 還暦を迎える前からの積み重ねが大切であると思います。 これらにはさまざまなものがありますが、〝健康であること〟〝経済的に恵まれていること〟〝社会に尽すという志を持っていること〟の三つは最低限必要です。 「社会に尽したいという気持ちがあり、健康であっても、食べていくのに窮している。経済的には恵まれており、世の中のために尽すという気持ちがあっても、健康が優れていない。経済面や健康面では問題がなくても社会に尽すという志がない。」ということでは充実した人生には繋がりません。 これらの三つは、還暦を迎えて直ちに達成できるものではなく、社会に出てからの 日々の研鑽によって培われ、その後も継続することによって涵養されるのです。 私達の半学半教塾では人間にとっての基本である挨拶やお掃除、健康づくりのための食育や農業体験、後世に語り継ぎたい日本の伝統や文化、学ぶべき偉人の生き方等、広い意味での人づくりを目指して活動しています。 皆様からの忌憚のないご意見、ご要望をお寄せいただきたいと思っています。       (細川三郎)

≪ 一覧へ戻る