トップ>月別 成功への道しるべ

2021年3月アーカイブ

JUST DO IT (とにかくやってみる) (2021/03/18)

 

◆エジソンが子供の時、お母さんに尋ねました。

 

「お母さん、ガチョウは何故卵の上に座って動かないでいるの?」

「ああやって卵を温めていると、卵の殻を割ってガチョウが生まれて

くるのよ。」

 

ある日エジソンが夕方になっても帰ってこず、姿が見当りません。

 

家族が探しまわったところ、エジソンは隣の家の納屋で、藁を集め

巣をつくり、その中にガチョウやニワトリの卵をいっぱい入れてうずく

まっていました。卵をかえそうとしていたのです。

 

みんなは大笑いしましたが、お母さんは笑ったりはしませんでした。

彼の肩を抱いて、"試してみないと、何も学べないものね"、と言って

エジソンを励ましたのです。

 

この精神が後年の発明王エジソンの誕生につながっています。

 

◆とにかくやってみる(JUST DO IT)ことです。

やってみると、何かがわかります。新しいアイディアに気付きます。

上手くいく、いかないの、どちらであっても一歩前進できます。

 

私達は、よく考えてから、よく調査してからやるべきなどと自分に

言い訳をし、行動を先に延ばしてしまいがちです。

それで準備が整うより、チャンスを逸してしまうのです。

 

◆私の甥の話ですが、大学生の時アルバイトしていた会社で、

付き合いたい好みの女性に出会います。

 

ただ周囲の人に聞いてみると、彼女には、もう決まった男性が、

いるということです。噂であって直接聞いたわけではありません。

 

ダメモトのつもりで付き合って欲しいとプロポーズしたところ、

案の定断られました。

 

ところが数日後、その彼女から、妹がいるのだけれど、妹は今

彼氏がいないみたいだから、よかったら紹介してあげるというのです。

 

紹介してもらったら、妹の方がもっと好みのタイプの女性でした。

一日も早く一緒になりたいと卒業し、就職するや、すぐに結婚式を

挙げました。

 

上司の方が披露宴で、配属されてくるなり結婚祝いを取られたので

面喰いましたが、仕事の方も、その精神で是非取り組んで下さいと

祝辞を述べておられました。

 

◆JUST DO IT(とにかくやってみる)はNikeの創業以来の

スローガンです。

陸上競技のランナーだったフィル・ナイトは、自分の経験から、

スポーツ・シューズのアイディアを思いつきます。

 

持ち合わせていたのは、そのアイディアだけですが、スポーツ・シューズ

の会社を作ることを思い立ちます。

 

そしてやるからには世界一をと当時世界のトップブランドであった

日本のアディダス(元オニツカタイガー)を抜くことを目指します。

 

周囲の嘲笑をよそに、創業以来『Just Do It, Nike!』を企業理念に

掲げ、世界一を目指し、挑戦を続けたのです。何度か破産の危機に

直面しましたが挑戦を続けその夢を実現しています。

 

 「最後まで挑戦し続けること」 これは私が学んだ人生で最も重要な

教訓ですとフィル・ナイトは言います。

 

「Just Do It」と刻印されたTシャツ等の商品は、広告の歴史上

もっとも優れたキャンペーンの一つと云われ、世界中で販売されています。

 

行動することで、思うような結果が出なかったとしても、それは失敗では

ありません。学習したのであって、それは成功の一部です。

 

そう考えると挑戦が容易にできます。 必要なのは、ちょっとした勇気です。  

勝利の女神は勇者を愛します。

童話「ウサギとカメ」続編      成功への道しるべ(NO.1) (2021/03/03)

 

◆三遊亭歌之助という一風変わった落語家さんがいます。

鹿児島出身で、地元では鹿児島弁の落語をやったり、企業へ出かけて

社員研修向けの落語をやったりもされます。

 

その歌之助さんが、次のような話をされたことがあります。私は普通の

高校を卒業し落語の世界に入りました。

 

林家コブ平は、故林家三平(九代目林家正蔵)の長男で、落語の世界では

サラブレッドです。私はその林家コブ平と一緒に真打になりました。

 

その披露の席で、マスコミは一斉にコブ平の方へ押し寄せ、私の方には

見向きもしません。余りの悔しさに席を飛び出しました。行先があった

わけではなく、来た電車に飛び乗りました。

 

そこで時々声をかけてもらっている故養田実社長(ジュポン化粧品本舗)

とバッタリ出合ったのです。穏やかならぬ私の顔を見て、「どうした!」と

尋ねられました。

 

事情を話したところ、養田社長は「ウサギとカメの童話があるだろう。

ウサギはどうして、のろまなカメに負けたのか?」と尋ねられたのです。

 

私は「ウサギはいつでも勝てるという油断があったのです。人生は油断しては

いけないという戒めの童話だと思います。」と答えました。

 

「本当にそう思っているならゼロ点の答えだ」と言って、次のような話をして

くださったのです。

 

カメにとっては、相手はウサギでもライオンでも、なんでもよかったんだよ。

なぜかといえば、カメは全く相手のウサギを見ていないんだから。

 

カメにとって重要なのは山頂に立っている旗、つまり自分の目標だ。目標だけ

を見つめて歩き続けたんだ。一方のウサギの方はどうだ、相手のカメばかり気にして

大切な目標を一度も考えることをしなかったんだよ。

 

    君の人生の目標は、コブ平ではないだろう!

カメのように自分の道を歩み続けることだよと教えてくださったのです。

 

養田社長の一言で、私は迷いが吹っ切れ、落語家として自分の目標に

向かって黙々と歩き続けようと決心出来たのです。

 

◆私達は成功をいつも自分と他人との比較において考えますが、視野が

拡がれば、拡がるほど自分の成功は小さなものになり、心穏やかでなくなって

きます。成功は、他人との比較で決まるものではありません。

 

 

◆ところで【童話「ウサギとカメの」続編】があるのです。

 

悔しくてたまらないウサギはカメに「もう一度レースをしたい」と

言ったのです。カメは快く応じました。今度はウサギが勝ちました。

レース終了後、皆で記念写真を撮りました。

 

写真を見ると、勝ったウサギの横で、カメが笑っているのです。

ウサギは不思議に思い尋ねました。

      「なぜ、負けたのに笑っているの?」

カメは答えました。

      「最初のレースよりもタイムが良かったからだよ」

| 2021年4月 »

月別アーカイブ